気軽に借りても返済は大変なキャッシング

安易な気持ちでキャッシングを利用しましたが、気付いたら借金は恐ろしい額まで膨らんでしまったことがあります。本当に最初はちょっと必要なお金を借りるだけでしたが、借りて返して、自分が一体いくら借りていて返済しているのかが分からなくなってくると、借りることに対してのハードルがどんどん低くなってしまいます。

お金を貯めて物を買うことが出来なくなり、何か欲しいものがあるとすぐにキャッシングでお金を引き出すということを繰り返して2年ほどで限度額いっぱいまでお金を借りてしまいました。毎月の返済額は5万円以上なのですが、そのうち1万円以上が金利の支払いに消えます。5万円を返済してしまうとまた生活費が足りなくなってしまうので、返したその足でまた借りることもありました。

キャッシングはお金に困っている時には非常に助かるのですが、もしもの時だけに限って必要がなくなったらカードを解約してしまうことも大切です。いつでも借りられるという甘い考えでいると、キャッシングに依存しすぎてしまって生活が立ち行かなくなってしまいます。幸い、増えたり減ったりを繰り返しながら完済することが出来ましたが、返済が終わった今でもキャッシングは怖いものだと感じています。いざという時には頼りになりますが、それは非常時だけにして貯蓄することが一番大事だと痛感しました。

このページの先頭へ