銀行系のカードローンと銀行のカードローンの違い

カードローンとしては、銀行系のものと銀行のものがあります。

では、銀行系のカードローンと銀行のカードローンはどのようなところが違っているのでしょうか?どちらのカードローンも、金融機関がサービスしていることは同じようなものです。

しかしながら、銀行のカードローンの場合には、預金をすることができるようになっていますが、銀行系のカードローンの場合には、預金をすることができません。

借入する際の金利を考慮すると、お金を銀行で借りた際は5%くらいの金利ですが、一方、消費者金融の銀行系列の場合には18%の金利が最高の場合もあります。

では、どうして出資を同じ会社がしているにも関わらず、このような違いが生じてしまうのでしょうか?というのは、消費者金融の銀行系の場合は、お金を個人が返すことができなくて、自己破産をした際に返済をそれ以上要求することができないため、このリスクまで考えて金利を決めているためです。

このように見てみると、消費者金融間で比べた場合、銀行に最も近い消費者金融の銀行系の場合には、厳しい審査がある分比較的金利が低く、消費者金融のサラ金などの場合には、甘い審査である分高い金利であることもある程度納得できるでしょう。


このページの先頭へ