申し込みブラックを回避する方法

申し込みブラックとは、短期間の間に複数のキャッシングを申し込みをすることによって、審査が通過しにくい状態になっていることを指します。

金融機関によって、基準に若干の違いはあるようですが、おおむね一か月間に三社以上の申し込みをした場合に申し込みブラック状態になってしまうようです。申し込みをした場合には信用情報機関の個人信用情報に申し込みの履歴が記載されてしまいますので、申し込み時に隠すことはできません。

ただ、ある程度の基準が分かっていますので、申し込みブラック状態を回避する方法はあります。まずは一度に複数の申し込みをしないことが鉄則です。いくら審査に不安があったとしても、申し込みをする場合には一社ずつにして、もしその会社の審査が通らなくても少なくとも次の申し込みには一か月以上の期間を空けることが必要です。この期間を空けるということを繰り返していけば申し込みブラックを回避できます。

もし、申し込みブラック状態にすでになっていると判断できるならば、半年間は申し込みを控えなければなりません。信用情報機関の個人信用情報の申し込みの履歴は半年間は削除されることはないので、削除されるまでは審査には通りにくくなっているからです。

このページの先頭へ