意外と気付きにくい審査を通らない原因

キャッシングの申込みを行った際に、まだ年収の1/3まで余裕があるにも関わらず、審査で落とされてしまうことがあります。

これには色々な理由が考えられますが、意外と気付きにくいのが、クレジットカードを持っていて、そのカードにキャッシング枠が設定されている場合です。

クレジットカードは、ショッピングでの利用は総量規制とは関係ありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象となります。例えばキャッシング枠が30万円のキャッシングを持っていると、総量規制上では既にその分の借入れを行っているという扱いになります。

これをキャッシングの与信枠といい、年収が200万円の人がそのようなキャッシングを持っている場合に50万円の申込みを行うと、与信枠の30万円を加えて合計が80万円になってしまうので、年収の1/3をオーバーしてしまい、審査を通らなくなってしまいます。

このようにクレジットカードのキャッシング枠は使っていなくても総量規制の対象になってしまう為、利用しない場合は無くしておいた方がいいでしょう。クレジットカード自体を解約しなくても、ショッピングの利用枠はそのままに、キャッシング枠だけを消すことができます。この方法については持っているクレジットカード会社にお問い合わせください。

このページの先頭へ