夫に内緒でカードローンを利用する方法

本人には収入のない専業主婦でも利用可能なカードローンは、主に銀行や信用金庫から提供されています。消費者金融や信販会社の場合は原則的に本人に収入がないと利用することはできません。これには理由があり、それらのカードローンには貸金業法が適用される為です。

この貸金業法では総量規制と呼ばれる本人の年収の1/3までという借り入れ制限を設けていますが、収入がないとその1/3もゼロになってしまう為です。銀行や信用金庫のカードローンには貸金業法自体が適用されない為、収入がない人でもそのカードローンの提供元が認めれば利用することができるという訳です。

専業主婦でも利用できるカードローンでは、夫に充分な年収があれば、それを元に審査を受けることができ、契約を行うことが可能です。もちろんその契約についてを夫やその職場に連絡されることもありません。契約を行うのは専業主婦である本人なので、夫であっても他人に人のカードローンの契約について話すようなことはしません。

そして、カードローンの契約を夫には内緒にしておきたい場合は、契約時に夫(配偶者)の同意書の提出が必要ないカードローンを選択する必要があります。ネット銀行から提供されているカードローンでは、そのようなケースがほとんどなので利用しやすいと思います。

また、無事に夫に内緒で契約が行えた後も、返済には気を付けないといけません。これを遅延してしまうと、その連絡が自宅まであったり、督促状などが送付されてくる可能性があります。これによってカードローンの利用がバレてしまう場合があるので、返済だけはきちんと行うようにしてください。

このページの先頭へ