銀行カードローンの金利は一般的に低い傾向あり

銀行のカードローンは一般的に低いと言われています。それはまず第一に貸し出しの原資を自ら調達できるルートを確保できているからです。それは預金です。多くの個人や法人からたくさんの預金を受け入れているので、貸し出しの原資には困りません。しかも最近は超低金利が続いているので預金者が何年預けても金利は全く付かず、一杯の缶コーヒーを購入して飲んだほうが高くつく始末です。ただ日本の預金者は株式のような投資商品には苦手意識が強く、いくら預金金利が安くても銀行の信用に大切なお金を預けているので我慢できるのです。さらに最近は都市銀行や地方銀行のような旧来型の銀行に加えて住信SBIネット銀行やセブン銀行、楽天銀行などネット専業銀行が業績を右肩上がりで伸ばしていますが、こちらは店舗を持たずネットで営業活動をやっているので、従来型の銀行に比べても運営コストが極めて安くなっています。だから従来型の銀行より預金金利も高くつけられて競争力が強いのです。ただいずれにしても現在の銀行は超低金利のおかげと預金を原資とするローンの貸し出しシステム、消費者金融に比べても緩い規制のおかげで低い金利でカードローンの金利を設定することができるのです。

銀行カードローンには総量規制が無い?総量規制とは?

銀行カードローンには総量規制は適用されません。しかしその前にそもそも、総量規制とは何かについてご説明します。2010年に改正貸金業法が施行されました。これはそれまでの消費者金融や信販会社・クレジット会社がグレーゾーン金利という金利の法の網の目を潜り抜けるようなゾーンを最大限利用して過剰貸し付けを行っていたために、多くの多重債務者が生まれてしまい、その中から自殺者まで出てしまって大きな社会問題になりました。そのような反省から、この改正貸金業法でグレーゾーン金利を廃止するとともに、消費者金融業界および信販会社・クレジット会社に対し過剰貸し付け防止の目的から「総量規制」を敷いたのです。

具体的にはこれらの業界でローンを貸す時には、ローン利用者の借入金はその利用者の年収の3分の1以内に収めなければならないこと、そして一つの金融会社で50万円以上のローンを利用する時、もしくは複数の金融機関で100万円以上のローンを利用する時には必ず本人の所得を証明する書類を提出しなければならないという制度でした。さらに貸し出しの金利にも上限が設けられました。

ところがこの総量規制は銀行には適用されなかったのです。そのため、銀行ではカードローンの審査に対し、本人の所得確認資料を必要とせず大胆に利用可能な極度額を独自に設定できる動きが生まれました。

銀行カードローンは銀行だからこそ安心して利用できる

銀行というのは、日本の場合、戦後倒産した銀行がありません。経営が厳しくなっても大手銀行による吸収合併を繰り返して信用を保ってきました。したがって日本人には銀行の信用度というものは絶大なものがあります。そのためその銀行で発行されたカードローンも当然他の金融会社で発行されたカードローンより信用度も高く、だからこそ安心して利用できるという安心感があります。さらに以前、過剰貸し付けに走っていたころの消費者金融は「サラリーマン金融」いわゆるサラ金と呼ばれていた時代があって、もし借りたローンが返せない事態に陥ったら、その取り立ては厳しく怖いイメージがかなりの日本人に染みついていました。今も完全に払しょくされているわけではありませんが、総量規制が実施されて以降は業界も反省して改善を図ってきたので、そのイメージはかなり薄れつつあるのも事実です。でも銀行の場合は仮にローンの返済が滞るようになってもあくまで対応は紳士的であるというクリーンなイメージがあります。苦境にはまっても銀行に相談すればなんとか話し合いに応じてくれる、そんな安心感が銀行にはあるのでしょう。

消費者金融の金利は一般的に高い傾向あり

消費者金融の話に移ります。消費者金融の金利は一般的に高いと言われていますが、確かに銀行の金利に比べると割高だと言えます。理由はまず独自に資金調達するルートを持っていないからです。貸し出しの原資を調達する方法は消費者金融自体が株式上場して資金を得たり債権を発行して得る直接金融の方法もありますが、一番身近な方法は間接金融として懇意にしている銀行から資金を大量に借りることです。その資金には当然銀行に払う金利が必要ですから、消費者金融としては自ら貸金業者として利益を上げるためには銀行より高い金利はつけざるを得ないのです。当然消費者金融の取り扱うカードローンにも金利は反映される一方、この業界は総量規制で顧客一人あたりの貸出額も制限されるし、金利もまた上限が貸出金額ごとに決められてしまっているので、法外な金利はつけられません。それがまた消費者金融の平均的な貸出金利を高くしている要因にもなっています。

消費者金融を選ぶメリットとは? 無利息サービスがある?

それでは消費者金融をそれでも銀行より先に選ぶメリットはあるでしょうか? 信用度が低い顧客によってはあるのです。まず銀行より審査は一般的に緩いと言われています。銀行は貸出のみならず、預金や投資信託、外国送金、保険販売などの多角的営業で利益を上げられる構造になっているので、別にカードローンの審査を特別緩くする必要もありません。貸し倒れリスク回避のため常に銀行のローンの審査は厳しいが定説です。ところが消費者金融の場合は貸し出しが唯一の収益源ですから、審査が厳しすぎて顧客が他の金融機関に逃げてしまわれてばかりではそもそも経営が成り立ちません。そういう意味では審査の垣根を緩くしてでもまず、顧客が自社の申し込みをしてもらう必要があるのです。しかし最近は競合先は同業者だけでなく、銀行やネット銀行、流通系の銀行まで加わってきています。簡単には顧客は振り向いてくれません。そこで消費者金融が出してきたのが無利息サービスです。アコムやプロミスなど、大手の消費者金融には初回限定ですが、30日間無利息サービスがありますし、あるいは他社では一週間、何度も無利息になったり金額は限定的ですが6ケ月も無利息サービスしているようなところもあります。このように最近は多くの消費者金融でオリジナルなサービスが付加されるようになってきました。

消費者金融は借り入れや審査のスピードも早い

また最近の消費者金融は借り入れや審査のスピードを速くしてそれを強くアピールしています。またこれが可能になってきたのは、インターネットの発達と無縁ではありません。いまや誰もがスマホを歩きながら自在に情報を取れる時代です。簡単に各金融機関のHPにアクセスできて色々な操作が可能になっています。消費者金融もこのシステムをフルに活用して、顧客が金融機関に出向くことなく、スマホや自宅のパソコンから簡単にカードローンを申込できて、審査もまた簡素化、一定額のカードローンの利用極度額なら所得確認資料も不要にして、申し込みからわずか30分以内で審査結果を出せるようにしました。その後もインターネットバンキングを利用して直接顧客の銀行取引口座に即日で資金を振り込んだり、自動契約機を増やしてローンカードの発行を急ぐことで申し込みから融資までの期間短縮を図りました。いまや消費者金融でWEB完結による即日融資は当たり前のものになっています。

銀行カードローンと消費者金融の違いについてまとめ

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いは、一般的に銀行は審査に厳しくカードローン発行まで日数を要しますが、一方金利は安くまた総量規制の影響を受けないので本人の収入に関わらずカードローンの利用極度額を大きくできます。一方、消費者金融のカードローンは総量規制の影響で収入証明書類の提出を求められるなど手続きの煩雑さはありますが、申し込みから審査のスピードも速く、かつ審査の通過率も銀行より平均して高いです。ただ金利が銀行対比で割高なのはネックです。

しかし最近は都市銀行でも大手消費者金融との提携がカードローンで始まり、受付窓口は銀行でも実際の審査は消費者金融がやっているという実態があります。そのため、銀行のカードローンといっても即日融資は当たり前になってきているので、これからはますます銀行と消費者金融のカードローンにおける垣根は低くなるものと考えます。選択肢が増え、顧客の利便性が上がってくるということではこれは評価できます。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。


遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応


サブコンテンツ

このページの先頭へ